妊娠すると心配事が増える

季節的にもう冬という頃、なぜかはわかりませんがバーベキューを主人の会社の人たちが開くことになりました。私はその時、妊娠七か月ぐらいだったのですが、主人が一緒に行こうというので行くことにしました。妊婦さんは冷やしてはいけないというので、とにかくお腹を冷やさないように温かい格好をしていきました。そして、あまり長居をせずに帰りました。

しかし、その翌日、腹痛がありお腹が張っている感じがありました。妊娠初期の頃に切迫流産をしかかっていたのでとても不安になりかかりつけの産婦人科に行くことにしました。診察の結果特別に異変は見当たらないということで安心したのですが、それでも少し腹痛は続きました。やはりどれだけ温かくしていったつもりでも冷えてしまったのかもしれません。なんにせよ、緊急を要するような事態にならなくて本当によかったなと思います。赤ちゃんが元気に動いている生きているとわかるのは胎動があるときだけです。ずっと動いているわけではないので腹痛などのいつもとは違う症状が出るととても不安になりました。またそういった時の対処法も何もわかりません。だからこそ余計に心配になります。

しかし、ほとんどの場合産婦人科に問い合わせてみても様子を見てくださいと言われることが多く、大事に至らない場合が多いことも事実です。無事に出産することができ、あの不安続きの日々が終わってほっとしています。しかし、出産後の一年間は突然死が心配でたまりませんでした。しかし、それも無事に過ぎて今は怪我の心配をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です